ギリシア人は論理的な思考に優れていましたが、実験や観察を疎かにしていました。そのため、世界が球形であることに薄々気付きつつ、測量によって確かめようとはしませんでした。答えから述べると、地球の大きさは、経度を基準にした二つの地点間の距離と太陽の高度とを測ることで分かるのですが、この測定法の実践はエラトステネスまで待たなければなりませんでした。エラトステネスはヘレニズム文化の代表的知識人で、地中海の外部についての知識を持たずとも、地球の大きさを測ることができたのです。ギリシアの幾何学が測地学に応用されたことで、地図はますます実用的なものに変わっていきました。

さらに時代が進むとプトレマイオスが現れます。プトレマイオスの地理学には投影法が関係します。プトレマイオスはアリスタルコスの地動説ではなく、アリステトテレスの天動説を受け入れてしまった人物ですが、地図作成に関しては優れた業績を残しました。緯度と経度を記すばかりでなく、投影法の正しい比例を核に、ボンヌ図法に似た正距円錐図を発明したのです。地球の四分の一を描いて見せた彼の影響は、その後1000年以上に及びました。近代地図に比べれば不正確でしたが、暗黒の時代と呼ばれる中世に彼を超える地図作成者は現れませんでした。

ローマ帝国の時代に重宝されたのが道路地図です。現代でも実用的な地図の代表格はこの道路地図でしょう。目的地まで導いてくれる地図の基礎がローマで作られたのは必然だったと言えます。ローマ帝国は紀元前2世紀には既に、ヨーロッパ、北アフリカ、西アジアの全域を支配する広大な領土を保有していました。投影法の考察からは遠ざかりましたが、この広大な領土の道案内を作成することに傾注したのです。