等値線の注意点

等値線の注意点

 等値線で表現するのは、地図作成者にとって魅力的ですが、幾つか注意すべきポイントがあります。等値線は基図に書き入れるという形で表現しますが、その等値線は基図の表現より目立たなければなりません。主題図である以上、等値線がその主題を表現しているからです。実際、優れた地図に見られる等温線、等雨量線等は、どれも太い実線が用いられています。
 さて、メッシュ記号もデータ転換機能を持っています。メッシュ記号は等面積のグリッドで構成された格子で、それを基図に重ね合わせた地図がメッシュマップです。一つ一つグリッドのデータを表現する記号ですが、グリッドは便宜上の区画であり、それ以上の意味はありません。つまりグリッドを一種のドットと捉えることができ、面データが点データに変換されるのです。メッシュマップというくらいですから、グリッドを視認できるものもあるのですが、中には線を消している地図も存在します。このような地図は見た目にも点データと捉えやすく、面積という概念が消失します。因みにメッシュ記号は名目尺度にも順序尺度にも対応していますが、比率尺度には対応していないと考えた方が無難です。名目尺度の例としては、土地利用図を挙げることができるでしょう。順序尺度の例としては、市街地拡大図や商店分布図、耕地率図等が挙げられます。
 メッシュ記号は模様や方向で名目尺度を表現し、大きさや濃淡で順序尺度を表現します。以前は手書きのものも多かったので、モノクロのメッシュマップを想起する人も多いのですが、現在はデジタル化が進んでおり、標準メッシュコード体系も整備されています。

admin