現在のメッシュマップ

現在のメッシュマップ

 現代のメッシュマップは手書き時代のそれとは異なるため、最近はモノクロのメッシュマップを見かける機会が減りました。デジタル化に応じて政府も標準コードを整備しており、国土数値情報、工業統計、商業統計等を、誰でも手軽に利用できるようになっています。
 ところで主題図の目的はそもそも、主題に関する情報を提供することにありました。ですからその表現部分が目立つような地図でなければなりません。しかし基図を排除してしまうわけにもいかないので、主題の表現と基図とが絶妙、絶妙なバランスの内に併存しているのです。ベースマップの存在感を薄めるためには、印刷スキルを会得しなければなりません。多色刷りが可能な場合は、ベースマップをグレー等の地味な色で統一し、主題表現を浮かび上がらせます。しかし単色刷りしか行えない場合、ベースマップを陰に追いやるための工夫が必要になるのです。
 主題図において、ベースマップが主役でないことは間違いありません。しかし不要とするわけにもいきません。何故なら、主題の内容の存在位置、広がりを、ベースマップが示すからです。ベースマップのその役割は、色々な方法で達成されます。例えば経緯線、山や河川等の地形、鉄道や道路等の交通路、役所や学校といった施設、集落、行政界、地名等が背後に見えれば、主題内容の位置や広がりは十分認識できます。

admin